パールのブローチの製作工程

先日、ご納品させていただいたパールのブローチの製作工程です。

①デザインご提案

パールを幾つか使用したブローチのオーダーのご依頼でした。
可愛らしいイメージで、傾向の違ったデザインを考えさせていただきました。
たくさんのラフスケッチの中から、ご相談しながらデザインを決定。
パールの大きさ、色合いなどでイメージや印象が変わってきますので、
デザイン画の上にパールを置いてみて、お客様に確認していただきました。

パールブローチデザイン画

 

 

②WAX作成

デザインが決定したら、次の工程は、『WAXの作成』。
実物大のブローチをワックスで作成して、
立体感、大きさなどを確認していただきます。
お洋服で言う『仮縫い』の状態です。
お客様がイメージしやすいように、
プラチナ、金の部分はペンで着彩しました。

パールブローチワックス

 

 

③メイキング

ワックスで出来たブローチを確認していただいた後、
ブローチの製作を始めます。
今回のブローチの製作方法は、
それぞれのパーツを地金からたたき出して
形を造りながら製作していきました。

パールブローチメイキング

 

 

④ダイヤの彫り留め

それぞれのパーツが出来上がったら、メレダイヤの彫り留めをします。
ダイヤの彫り留めは『彫師』と呼ばれる専門の職人が行います。
彫り留めの裏の部分はハニカムデザイン、
花を支える茎にはガクを付けしっかりと支えています。
パールが留る裏の部分はクローバーの形のデザインになっています。

ジュエリーの裏側も美しく仕上げていきます。

パールブローチ彫留

 

 

⑤ブローチ完成

彫り留めが終わったら、細かなキズを最終仕上げしてピカピカにします。
最後にパールを接着して完成です。

全長9㎝と大ぶりのブローチ。
強度も考慮しながら、出来るだけ軽く仕上がるように製作する事ができるのは
やっぱり手造りならではです。

ジュエリーの裏側も美しく仕上げるのは職人の腕の見せ所です。

パールブローチ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です