エメラルド

エメラルドは宝石の中で一番キズが多いといわれています。エメラルドは『ベリル』という鉱物で、クロムやバナジウムという不純物が入った時グリーンとなり、それが結晶時に無理を生じさせ、キズを多くする原因となっています。ほとんどのエメラルドは、より美しく見せるため、このキズに無色のオイルや樹脂を含浸させる処理が施されています。

この『オイル処理』が施されていない宝石は、『ノンオイル・エメラルド』とよばれ、稀少性が高く、より価値のあるエメラルドとして区別されます。

エメラルド